美術系高校への進学を目指す方に

銅駝美術工芸高校、亀岡高校3類芸術系、京都芸術高校、京都精華女子高校などの美術系高校受験を目的にする方を対象にした対策講座です。

OWLの高校受験のための指導方針 ~銅駝美術工芸高校での出題と対策~

銅駝美術工芸高校では色彩構成と鉛筆デッサンが出題されます。

色彩構成

鉛筆デッサン



 デッサンでは基本的形態の組み合わせ、円筒形と直方体の組み合わせを軸にいろいろな質感のモティーフが描けるよう、基礎から丁寧に、指導します。色彩構成ではデッサンでの明暗関係を把握したうえで、色の見え方、捉え方がしっかり理解できるよう指導していきます。最初の段階では、時間をかけじっくりと納得のいくまで取り組んでいきます。

合格へのステップ(1)

 最初に来て頂いた受講生には、球体や円柱、立方体の基本的な形態を時間をかけて描いていき、デッサンの基礎となる形と明暗の把握の基本的な力をつけていきます。


合格へのステップ(2)

 実際の試験では、フライパンや取手がついたアルミ缶など、単純な幾何形態+αのモチーフが出題されます、いよいよ過去に出題された、モチーフに挑戦!

銅駝美術工芸高校で過去に出題されたモティーフ
塩ビ継ぎ手・スポンジタワシ/紙カップ・玉杓子(真鍮)/巣箱・木製円柱/
スチロール球・紙箱(組み立て)/ミニフライパン・木枠(立方形)/スチロールブロック・ペイント缶/段ボール製紙箱・紙コップ/

合格へのステップ(3)

入試前には、時間を短縮していき、実際に出題された事のある、いろいろな質感のモチーフ+今までに出題された事のない、質感の物も、積極的に描いていく事で応用力を高め、入試に挑んでいける力を身につけます。




 銅駝美術工芸高校では2013年の試験より色彩構成が出題されます。基礎からわかりやすく色についての理解を深めながら進めていきます。

 銅駝の色彩はイメージ+モチーフの形式で出題されています。モチーフの特性をとらえ、イメージから展開される自由な発想ができるように対策していきます。


 銅駝美術工芸高校合格後に、さらにステップアップ!
 難しいモティーフに、あえて挑戦
 
美術系受験 銅駝美術工芸高校受験コースのブログ記事はこちら


対象 中学1年〜中学3年(小学生の方も受講出来ます)
受講時間 火曜 17時〜21時
木曜 17時〜21時
土曜 9時〜13時  17時〜21時 
(火木土の講座の中から、選択して月8〜16回受講)
入試直前には、指導時間を大幅に拡大して集中実技を行います。
入会金 10,000円
月謝 週1回 8,500円(月4講座)
週2回 1,6000円(月8講座)
週3回 22,000円(月12講座)
週4回 27,000円(月16講座)
        モチーフ、野菜、果物などの教材費は無料です。
担当講師 東儀光則、平林 純講師紹介ページ
美術高校受験