京都の町中をあるいているとよく見かける着物姿の女性。

そのほとんどがレンタルということだそうです。

最近の着物は化学繊維(化繊)の生地のものがほとんどで、いわゆるプリントされたものだそうです。
ですので、見かけはきれいなのですが、ぬくもり感がないんですね。

かといって、生絹の着物などは大げさで高価ですので、なかなか気軽にきれないのですが、
祇園の「べべ屋」さんでは、大正ロマン風とか昭和モダン風のちょっと他にない紬の着物がリーズナブルな価格でレンタルできます。

小さなお店ですが、評判もよくとても繁盛されています。